2010年02月02日

要介護認定のバラツキ是正「一定程度達成」−日医(医療介護CBニュース)

 日本医師会の三上裕司常任理事は1月27日の定例記者会見で、「要介護認定見直しの検証に対する日医の見解」を発表した。今回の見直しにより、調査項目を選択する際の地域間のバラツキの是正を「一定程度達成できた」としている。

 要介護認定をめぐっては、昨年4月に始まった新方式が「軽度化志向」との批判を浴び、開始後2週間で同検証・検討会を開催。認定調査員テキストが見直され、10月から改訂版テキストによる認定を開始した。この結果、10月以降の判定結果で「非該当」や軽度に判定された人の割合は減少。「混乱はほぼ終息」として、まとめ案が了承された。

 見解ではこれらの経緯を踏まえ、今回の見直しにより調査項目を選択する際の地域間のバラツキの是正を「一定程度達成できた」と評価。その上で、認定調査員に対して調査票の「特記事項」の具体的な記載方法をまとめた資料が提出されたことで、今後さらに是正されるとの見方を示している。
 また、同検証・検討会で三上常任理事が、今後見直しは「公の場で検証を行うこと」を求め、まとめ案に追記された点について、日医としても「評価したい」としている。さらに、主治医意見書の「特記事項」の記載の在り方について検討していくとの意向を示した上で、要介護認定の今後の動向を注視し、何かあればその都度意見していくとしている。

 三上常任理事は会見で、主治医意見書の記載の在り方を検討するに当たって、認定調査員テキストの中で実際の記入例が示されていることを受け、「そのようなものを主治医意見書の特記事項の部分でも示していきたいと思う」と述べた。具体的な方法などについては厚労省と相談するとした。


【関連記事】
要介護認定「混乱はほぼ終息」−見直し検証・検討会
1次判定で「非該当」3.3ポイント減―要介護認定
「軽度化」批判で迷走―2009年重大ニュース(4)「要介護認定」
要介護認定基準の見直しを評価―日医
新要介護認定、10月にも調査員テキスト修正

首相官邸に届いた銃弾は鳩山首相あて 官房副長官が会見で説明(産経新聞)
雑記帳 「塩竈の藻塩」の携帯ストラップ(毎日新聞)
<ハイチ大地震>PKOで陸上自衛隊を派遣 政府が方針(毎日新聞)
亀井氏「グズ拓は相手にしない」 山崎自民元副総裁の国民新党入りで(産経新聞)
募集人員は10万12人=国公立大入試で訂正−文科省(時事通信)
posted by マサキ ヒデユキ at 19:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<お別れの会>大塚雄司さん=2月18日、都内ホテル(毎日新聞)

 大塚雄司さんのお別れの会=元建設相、元自民党衆院議員・10日死去=2月18日午後1時、東京都港区芝公園3の3の1の東京プリンスホテル「プロビデンスホール」。主催は大塚雄司事務所。

八王子のスーパー射殺事件、犯人の靴を特定(読売新聞)
参院選 片山氏も公認見送り 自民党、若返りアピール(産経新聞)
張が2連勝=囲碁棋聖戦(時事通信)
<つくば市>市営の施設で消防法違反…20カ所以上(毎日新聞)
冬のボーナス、12%減=減少率最大−厚労省調査(時事通信)
posted by マサキ ヒデユキ at 09:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。