2010年03月20日

なぜ突然…大阪城公園で地面陥没、2m大の穴(産経新聞)

 大阪城公園(大阪市中央区)内の天守閣前広場で14日午後、アスファルトの地面が陥没し、東西2.3メートル、南北1.7メートル、深さ0.9メートルの穴が開いた。園内は観光客らでにぎわっていたが、けが人はなかった。

 公園を管理する大阪市東部方面公園事務所は、周辺をフェンスで囲んで立ち入りを規制。地中の排水管の破損が原因の可能性があるとみて調べている。

【関連記事】
明石の砂浜陥没事故、地裁差し戻し確定へ
大阪・岸和田では道路陥没 近畿東海で大雨
路面下空洞調査、契約の透明性求める 検査院
道路陥没で事故、国に6800万円賠償命令 静岡
地滑りの「おくりびと」ロケ地 農水省職員ら被害視察
20年後、日本はありますか?

<NPO>優れているもの選別 評価基準構想、学会で提唱へ(毎日新聞)
リフトの支柱に衝突、スキー大会で男性死亡(読売新聞)
外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)
社民、国会同意人事への対応は来週以降に持ち越し(産経新聞)
医師の集団指導時の託児室併設を要望−日医(医療介護CBニュース)
posted by マサキ ヒデユキ at 18:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

民主党本部の引っ越し断念 資金は選挙へ…フロア拡充で落着(産経新聞)

 国会近くの民間ビルに党本部を置く民主党が、今のビル内で新たに1フロア拡充したことが14日、分かった。党本部が手狭だとして移転先を検討してきた同党だが、当面は移転しない方針も決めた。

 民主党本部は、民間ビルの6フロアを間借りしてきたが、床面積が自民党本部の10分の1以下。政局の節目などでは、民主党本部の廊下に報道陣があふれかえることも珍しくない。一番広いホールでも200人程度しか収容できない。

 さらに昨年の衆院選大勝で、合計400人以上の衆参国会議員を抱える大所帯となったため、党本部の引っ越し計画が浮上していた。党関係者によると、昨年秋には東京・永田町の他の民間ビルへの入居が模索されたという。

 ただ、党の資金を選挙対策に集中投下したい小沢一郎幹事長の意向もあり、費用がかさむ引っ越し計画は具体化されないまま、今のビル内でのフロア拡充で落ち着くことになった。

 拡充したフロアはもともと民間企業が賃借していたが、2月末までに退去したため、民主党が3月から入居。このフロアには、選対関連の部署などが置かれている。

東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ(読売新聞)
鳩山首相「自分が変わりつつある」(産経新聞)
<将棋>16日から王将戦第6局 久保初の獲得か羽生粘るか(毎日新聞)
切手1枚偽造に1時間 会社社長を逮捕(産経新聞)
社民・福島氏、密約認定「画期的だ」(産経新聞)
posted by マサキ ヒデユキ at 01:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

京都・高台寺でライトアップの試験点灯(産経新聞)

 豊臣秀吉の妻、ねねゆかりの寺として知られる京都市東山区の高台寺で11日、春の夜間特別拝観を前に試験点灯が行われ、庭園や建築物が幻想的に照らし出された。

 今年のテーマは「悠久=絆(きずな)」。今年も庭師、北山安夫氏(61)の監修で、秀吉とねねのつながりや思いを方丈(本堂)前の「波心庭」に表現。白砂と苔(こけ)、石で描かれた市松模様を京都市内の「碁盤の目」にたとえ、波打った2本の砂紋は2人が交わる様子を、都を守る2匹の龍の姿になぞらえて表した。

 LEDライトなどのほのかな明かりが4分50秒の間に28シーンを演出。3月下旬には庭のしだれ桜も見ごろになるという。拝観期間は13日〜5月5日の午後5時〜9時半。拝観料は大人600円、中高生250円、小学生以下は無料。

【関連記事】
東京スカイツリー 2000台のLED照明でライトアップ
太陽の塔、40年ぶり「目」点灯へ
若草山などをライトアップ 「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」
5日から「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる
樹氷まつり 氷の寅や宝船など
20年後、日本はありますか?

【生きもの秒写】「ホッキョクグマ」 白浜・アドベンチャーワールド(産経新聞)
<山梨県議会事務局>政調費開示めぐり請求者名漏らす(毎日新聞)
「反対したってやる」=役員報酬の開示義務化で−亀井金融相(時事通信)
刑訴法改正で時効撤廃 閣議決定(産経新聞)
<中央市長選>田中久雄氏が無投票で再選 山梨(毎日新聞)
posted by マサキ ヒデユキ at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。